鍼を使わない鍼治療 梅花鍼

梅花鍼の施術

梅花鍼とは?

中国伝統医療学の鍼治療の中に「梅花鍼」と言う皮膚刺激の鍼療法があります。

「梅花鍼」は古典中国伝統鍼の内、第7番目の鍼療法で、約2,600年の歴史があります。「梅花鍼」は鍼治療であっても、一般に知られる鍼灸と違い鍼を体内に刺さず、皮膚を鍼先で叩いて皮膚に刺激を与える療法です。

豊中曽根院で使用する梅花鍼は「振圧式梅花鍼」となります。

「振圧式梅花鍼」は12本の金鍼を高速で微振動させ、皮膚の表面を刺激します。皮膚に接触するだけで、痛みは伴いませんので鍼治療が苦手な方でもリラックスして受けて頂くことができます。

梅花鍼

梅花鍼

このページの上まで戻る

梅花鍼の効果について

「振圧式梅花鍼」は12本の金鍼の先端部分が、電動式バイブレータにて、1分間に3,000回転の高速回転で幹部を微振動させ、刺激します。又、微振動が深部にまで到達することにより、皮膚の表面を刺激し、血行促進と筋肉のコリ、痛みを取り除く効果があると言われています。

鍼を刺さずに皮膚の神経を刺激し、ご自身が持っている自然治癒力を高める効果に優れています。

傳田氏の著書「皮膚は考える」の中で、異なる電気化学的性質の物質(鍼や灸)が皮膚に接触することで、電気現象を起こし、イオンチャンネルやケラチノサイト細胞を刺激し、皮膚回復を促す事を示唆しています。

豊中 曽根院では、梅花鍼、鍼、灸で皮膚バリア機能を修復し肌に潤いをもたらすことが出来ると考えております。

豊中 曽根院では、「振圧式梅花鍼」の原理を利用し、肩こりや腰痛・神経痛などの方だけでなく、美肌(ニキビ痕、毛穴の開き、乾燥肌、脂浮き)・美顔(しわ、たるみ、くま、目のたるみ)・増毛・顔面神経麻痺・唾液分泌の少ないドライマウスの方にもお勧めしております。

血流やリンパの流れが悪くなると皮膚の老廃物の処理能力が低下し、皮膚の老化を加速させます。さらに、皮膚のむくみやくすみを引き起こし、顔のたるみやしみの原因となります。

梅花鍼により、幹部の皮膚やリンパを刺激する事で、リンパの流れをスムーズにし、局所の血流を改善し皮膚の新陳代謝を促進します。これらにより、顔 のむくみ、くすみ、麻痺が改善されます。また、皮膚表面を刺激することにより、皮膚の修復機能を高めるので、ニキビ痕・乾燥・脂浮き・アトピー性皮膚炎な どの皮膚状態にも効果があります。

増毛・抜け毛では、局所の皮膚や筋肉の緊張を緩めることで頭皮の血行を促進し、髪の毛の栄養状態を改善します。

このページの上まで戻る

あなたは梅花鍼に適応でしょうか?

以下の質問にお答え下さい。

鍼が怖い若しくは苦手である
Yes ・ No
乾燥が気になる
Yes ・ No
最近くすみが目立つようになってきた
Yes ・ No
肌の透明感が減った
Yes ・ No
脂浮きが気になる
Yes ・ No
化粧崩れが気になる
Yes ・ No
顔に汗をよくかくほうだ
Yes ・ No
肌のきめの粗さが気になる
Yes ・ No
肌のハリ・弾力が気になる
Yes ・ No
ニキビ痕が気になる
Yes ・ No
顔がのぼせやすい
Yes ・ No
どちらかと言うと顔色が悪いほうだ
Yes ・ No
顔がむくみやすい
Yes ・ No
毛穴が目立つ
Yes ・ No
しみが気になる
Yes ・ No
どちらかというと色黒のほうだ
Yes ・ No
アトピー・アレルギー性皮膚炎が気になる
Yes ・ No
敏感肌のほうだと思う
Yes ・ No

上記の質問事項にYesが3つ以上あれば、肌の調子を整える効果の高い、梅花鍼適応と言えます。又、頬や目の下のたるみ・フェイスラインのたるみ・法令線・眉間のシワが特に気になる方に美顔鍼コースをお勧めします。

美顔鍼コースはこちら

豊中 曽根院の治療の流れは、初診時に問診を行います。その上で各個人の体質を改善する必要がある場合には、全身治療を併用することをお勧めする場合がございます。

コース料金

梅花鍼 1回 3,300円
※ご注意
顔に刺鍼はいたしませんので、内出血のリスクは極めてまれですが、体質・生理中・血がかたまりにくくなるお薬を服用されている方は、内出血する可能性もございます。ご了承下さい。