医道 平成23年5月号掲載事例

中医弁証論治による美容鍼灸 ~バストアップ編~

美顔鍼灸はマスコミ効果により認知率も向上している。このカテゴリーの出現により、鍼灸のユーザーが増加した現実は否めない。美容鍼灸は「痛い・怖い・熱い」の負のイメージから、身体の中から「健康に・綺麗に」の正のイメージへのチェンジが可能である。また一人でも多くの方に、鍼灸をトライアルしてもらえる、すなわち鍼灸の経験率および利用率向上に貢献できるカテゴリーである。

はじめに

当院では、すべての治療に対し、中医弁証論治による全身治療を採用している。「鍼灸でバストアップ」と言えば、テレビでタレントが「私は鍼灸でバストアップしています。」と公表されたことをきっかけに、世間でも鍼灸によるバストアップ効果は、認知されつつある。

中医弁証論治による美顔鍼灸効果は、本誌791号、第58・59回全日本鍼灸学会において発表している。発表内容を要約すると、全身治療群と全身+美顔治療群(以下全身群、美顔群)に対し、「美顔問診票にてお顔に関する悩みを、初回時と施術10回目に調査したところ、両群ともに悩みに改善がみられた。また美顔群に優位に改善がみられた。結果、中医弁証論治による全身治療が美顔治療に不可欠であると示唆された。

当院では、バストアップについても、中医弁証論治による全身調整により気血津液の流れ、量を整えて、局所治療としてバストアップ治療を加えている。当院の美顔鍼灸と同様の考え方に基づいている。

今回は美顔鍼灸にて効果を感じられた患者より「顔の筋肉がこれだけ引きあがるなら、バストも引き上がるはず。是非モニターになりたい。」とご提案をいただき、バストアップにチャレンジする事となった。

垂れ下がったバストは、外科的にしか上げられないという定説を打ち破る施術が可能であるかもと、期待できる症例を紹介する。

バストアップ治療

バストアップと言えば、形成外科にて治療されることが多い。では、形成外科の治療には、どのようなものがあるのだろうか?1.ヒアルロン酸バストアップ豊胸術、2.脂肪幹細胞注射法、3.インプラント豊胸術(ハイドリジェルパック、シリコンジェルパック)4.乳房固定術などがある。

  1. ヒアルロン酸注射法・・ヒアルロン酸をバストデザインに合わせ注入する。ヒアルトン酸の分子の大きさで、注入場所・目的を使い分ける。
  2. 脂肪幹細胞注入法・・患者自身のお腹やお尻から余分な脂肪を採取し、少量ずつバストに注入していく。メスを使わないので、傷跡はほとんど残らない。ご自身の脂肪なので、アレルギー反応や副作用の心配がほとんどない。
  3. インプラント豊胸術・・ハイドロジェルパックやシリコンジェルパックを胸に移植する手術です。他のバストアップ豊胸より大きなバストアップが図れます。
  4. 乳房固定術(乳房吊り上げ術)・・授乳や加齢により下垂した乳房を上方へ移動しバランスのよい美しいバストラインに整える手術。

バストの構造とバストアップ

バストの構造

バストは大まかに、クーパー(乳房提)靭帯・乳腺・脂肪によって構成されている。クーパー靭帯は、乳腺から大胸筋や胸部の皮膚に停止する。バストがさがらないように支持する。バストを固定せずに激しい運動をすると、クーパー靭帯の働きが弱まり、バストが下がる原因になる。また大胸筋が筋力低下すると、クーパー靭帯を引き上げる力が弱まり、大胸筋と一緒にバストも下がってしまう。乳腺の発達はエストロゲン・プロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌によって促進される。月経前にバストが少し大きくなるのは、ホルモンの分泌量が増えるためである。女性ホルモンの生成を促進するといわれるイソフラボンの含まれた大豆食品やサプリメントの摂取もバストアップには不可欠である。

鍼灸治療によるバストアップ効果

1)問診票による評価
調査期間 2009年11月~2010年8月
対象者 当院にて鍼灸によるバストアップ治療を10回体験した女性患者5人
平均年齢 36.8歳
評価方法 悩み症状はNRSを用いた。症状に対する悩みの程度を0~10の11段階にて評価(数値が大きいほど悩み度は高い)。
問診票

図1 バストアップ問診票
図1 バストアップ問診票

2)バストトップの位置による評価

バストトップの位置の測定は、肩峰から肘関節のどの高さにバストトップが位置するかを写真から採寸して、初回時と施術10回目を比較した。初回時と施術10回目のバストを含む胸部の写真により、ビジュアルから評価した。写真、測定値については、症例に記載した。

結果:1.年齢・・今回はモニター形式で施術を実施したために、20代2人、30代から50代に3人と症例を設定した。20代については、バストにボリュームがあるタイプと、平均的なタイプの2人を採用した。

バスト部位別悩み度施術前後比較

図2バスト部位別悩み度施術前後比較(平均)n=5

施術前後における各部位別悩み度の平均比較及び悩みの人の割合を図2に示す。各部位ともに、悩み度は減少した。特にたるみで大きく改善が見られた。また総合評価においては、3.6ポイント悩み度が改善した。

バスト部位別悩み度施術前後比較構成比

図3バスト部位別悩み度施術前後比較構成比n=5

施術前後において各部位の悩み度及び総括評価の満足度を0~10の11段階で比較した結果を図3に示す。数値は、評価数値が高いほど悩み度が高い。各部位ともに悩み度は改善が見られた。特に総括評価において悩み度は、施術前(8,9,10)で100%を占めていたが、施術後では(3)20%、(6,7)60%、(8)20%となり、かなり改善されたと言える。

伴症状

図4随伴症状施術前後悩み度比較(平均)n=5

施術前後による随伴症状の悩み度平均および悩みの人の割合を図4に示す。バストがアップすることで、胸を張った正しい姿勢ができる為か、肩こりが軽減して腕が回りやすくなったとの声も聞かれた。また頭痛の程度はNRS評価で2ポイント軽減している。

弁証タイプ別全身調整

当院ではバストアップの治療に全身治療として、中医弁証論治による配穴法を採用している。各個人の体質に合った全身治療をベースにすることで、すべての弁証タイプにおいて、気血・津液のバランス、流れを改善できる。すなわち、バスト周囲の筋肉やバストも栄養状態が改善されている。この状態で後程述べるバストアップの局所治療を加えることで、満足度の高いバストアップ鍼灸治療が実現する。当院では、臨床時詳しい中医弁証論治を行っているが、今回は気・血・津液弁証における気虚証・陰虚証・津液停滞(痰湿)タイプの3タイプに分類して説明する。

気虚タイプ
原因と特徴 出産・育児や加齢、また仕事の頑張りすぎやストレスによって、気を消耗することによって気虚となる。生まれながらに気が不足している場合もある。このタイプには内臓下垂や四肢無力といった筋力低下の症状が多く見られる。バストも大胸筋やクーパー靭帯の機能低下により、垂れ下がる。皮膚表面は張りがなく、フニャフニャしている。
舌診 淡・胖大、薄白苔
治療 補中益気
特に中気を補いながら全身の気を補っていく。全身の機能が向上すれば、筋肉にも張りが出てくる。
配穴 合谷、足三里、中脘、気海、膻中、脾兪、百会
陰虚タイプ
原因と特徴 ストレスや慢性病、熱病などにより、津液を損傷して陰虚となる。陰虚は循環血量も少なく、筋肉も栄養が不足しやすく痩せ細る。大胸筋もクーパー靭帯も痩せ細り、バストを支持できなくなり、垂れ下がる。皮膚表面は乾燥して、艶がない。乳腺も萎縮しやすく、バストに張りがない。
舌診 紅・少津、少苔
細数
治療 滋陰補腎
損傷した津液を補い、全身が潤うように治療していく。循環血量も増え、筋肉も栄養される。腎精も充実して乳腺が豊かになる。
配穴 太谿、三陰交、腎兪、太衝、肝兪、風池
痰湿タイプ
原因と特徴 体質的に脾胃の働きが悪いため、津液の運化失調となり、痰湿が発生する。油物・甘い物を食べ過ぎて痰湿が停滞する。痰湿は体内の気血津液の流れが悪くなり、筋肉も栄養されないため、バストも垂れ下がる。皮膚表面は気虚と比較すると張りがある。
舌診 胖大・歯痕・厚膩苔
滑濡
治療 健脾化湿
全身に溜まった痰湿を取り除いて、体内の気血津液の流れがスムーズになるよう治療する。筋肉の栄養がスムーズになれば、筋力も向上する。
配穴 陰陵泉、豊隆、足三里、三陰交、合谷、脾兪

バストアップ局所治療

中医弁証論治による配穴法にて、全身調整後バストアップ局所治療を施術する。局所治療としては、バストの構造より大胸筋と上部クーパー靭帯にアプローチする。刺鍼は1.大結節陵2.腋窩横紋前端の上方大胸筋上に行う3.周栄4.神蔵5.霊墟に1寸1番。刺鍼は皮膚表面に完全に横刺とし、大胸筋まで届かせない。低周波オームパルサーLFP-4000A 0~3Hz(本人が気持ちよいと感じるくらいの周波数)で、8分間通電する。

図5 置鍼写真,図6 バストマニュアル:ネッター図

症例紹介

当院にてバストアップ治療を10回以上体験した患者5名の写真を含めた経過を紹介する。

乳頭の位置
施術前・施術後において、写真による乳頭の位置を比較した。比較方法として、肩峰から肘窩横紋までの長さを100としたときの、肩峰から乳頭までの位置の割合を示した。数値が低いほど乳頭は胸の上部に位置する。(図7・8・9・10・11に示す。)
症例1 気虚タイプ 患者像:女性 20歳代

主症状:アトピー、随伴症状:白内障、冷え症

経過

経過

写真による乳頭の位置比較を図7に示す。施術後において左3.5%、右2.9%と改善された。

図7 気虚症例1施術前後乳頭の位置

施術後満足度 100点満点評価
98点
施術前の写真では、あまり下がった感じはなかった。10回終了してみると乳頭の位置が上へ、中央へと移動しているのが分かる。本人もTシャツを着ると、「バストアップを実感する。また以前より肩こりも楽になった。」とコメントをいただいている。
症例2 気虚タイプ 患者像:女性50歳代

主症状:美顔治療、随伴症状:肩凝り、目の疲れ

経過

経過

写真による乳頭の位置比較を図8に示す。施術後において左8.6%、右4.8%改善された。

図8 気虚症例2施術前後乳頭の位置

施術後満足度 100点満点評価
90点
胸の外側上部にバストは位置せず、少しバストが伸びて下がった印象を受ける。バストの乳頭の位置がバストの下部から中央に移動した。胸の谷間がくっきりした。10回の写真では、胸の外側上部近くにバストが移動した印象を受ける。印象を受ける。本人も大胸筋がついてきてバストアップが実現したとコメントをいただいている。
症例3 痰湿タイプ(津液停滞) 患者像:女性20歳代

主症状:目の下のくま、随伴症状:手のしびれ、背部痛

経過

経過

写真による乳頭の位置比較を図9に示す。施術後において左右ともに5.9%改善された。

図9 痰湿症例3施術前後乳頭の位置

施術後満足度 100点満点評価
100点
まだ20歳代前半であるが、乳頭の位置がバスト下方に位置していた。バストの谷間も広がって見える。10回目には、バストの中央に移動している。バストにはっきりと谷間が見られる。さらにバストのボリュームがアップしたように見える。本人も下着を着ける時にバストアップを実感できるとコメントをいただいている。
症例4 陰虚タイプ 患者像:女性30歳代

主症状:バストのたるみ、随伴症状:疲れやすい、肩凝り

経過

経過

写真による改善度比較を図10に示す。施術後において左5.9%、右1.5%改善された。

図10 陰虚症例4施術前後乳頭の位置

施術後満足度 100点満点評価
55点
乳腺が痩せたようにバストは縮み、乳頭の高さは上腕の下方に位置していた。10回目は乳頭の高さが上腕の上方に移動した。写真より肋骨の見える本数も減少したのがわかる。本人もバストアップは実感できる。エステでは上がらなかったのに鍼はすごいとコメントをいただいている。
症例5 陰虚タイプ 患者像:女性40歳代

主症状:頭部脱毛、随伴症状:冷え症、肩凝り、腰痛

経過

経過

写真による改善度比較を図11に示す。施術後において左12.1%、右20.0%改善された。

図11 陰虚症例5施術前後乳頭の位置

施術後満足度 100点満点評価
100点
施術前・10回目を比較すると、肩峰からバストトップまでの位置が短縮しているのがわかる。乳頭の位置も上方に移動し、上向くようになった。バストの外上方のバスト、大胸筋が充実したのがわかる。本人はボディラインのでる服を着られるようになったとコメントをいただいている。

結語

今回は美容鍼灸の1つとして「中医学弁証論治によるバストアップ編」について説明した。まだ症例数は5人と少ないが、5人全員が鍼灸施術によるバストアップを実感している。写真やサイズが改善するのはもちろん、患者本人が満足・納得できる治療は、鍼灸の継続治療につながる。また随伴症状の頭痛については、NRSが4.2→2.2と痛み症状に改善がみられた。大胸筋の筋力が低下すると、バストもダウンするが、胸が正しく張れないために、肩こり、頭痛が起こりやすいとも考えられる。バストアップは胸部の筋力低下による肩こりや頭痛を改善することが示唆された。今後は症例数を増やして、バストアップと肩こり、頭痛の改善についても検証していきたい。

参考文献
1)ネッター解剖学アトラス 原書第4版 南江堂、訳 相磯貞和
2)王富春編著:経穴治病明理。科学技術文献出版社、北京、2000
3)天津中医薬大学、後藤学園編著:針灸学「経穴篇」.東洋学術出版社、千葉、1997
4)李世珍:臨床経穴学.東洋学術出版社、千葉、2001
5)神戸中医学研究会:基礎中医学。燎原書店、東京、1995
6)内山恵子:中医診断学ノート.東洋学術出版社、千葉、1999